施工方法(カバー工法)について

玄関ドアのサイズは自由自在!ご自宅にジャストサイズでオーダーメイド!

玄関.jpの玄関ドアリフォームは、壁や床などの工事が不要な『カバー工法』だから玄関交換の工期は約1日。お客様の暮らしに影響することなく、仕事から帰宅した時にはピカピカの玄関ドアが待っています!※施工(納まり)によっては、工期がかかる場合があります。

玄関交換手順その1
玄関交換手順その2

2008年より、玄関リフォームの専門店として施工実績 No,1

玄関リフォームのプロとして、日本一の実績があります。是非、多数の施工例 をご覧ください。玄関リフォームは、既存の玄関枠のゆがみ・倒れ・擦れ等を計算し、その上で経験則を加味し新設する玄関ドアの寸法を確定します。私達は玄関メーカーの技術部に何度も施工について質問を繰り返し行いました。経験不足にありがちな、大きすぎ・小さすぎの寸法では気密や水密が取れません。玄関.jpでは営業も工事もすべて、職人経験がある弊社社員が伺います。人任せにせず、すべて社内で完結させてきた経験と実績を評価頂いております。玄関.jpは、経験と実績の蓄積で、お客様に選ばれています!

施工当日の流れ(現場到着~完成まで、玄関リフォーム当日の施工手順)

  1. 現場到着、お施主様にあいさつ
    作業担当者の自己紹介、商品色・品番の確認、作業工程の説明を行います。
  2. 玄関サイズの確認
    当日運んできた玄関部材のサイズに間違いがないか、施工前に再チェックをいたします。
  3. 養生
    解体作業時、室内にホコリ等が跳ばないように養生をいたします。
  4. 解体工事
    ランマ及びドアを撤去します。ドア等を外したら、再度養生をし、残っている玄関の桟をカットします。(今回は鉄骨製の桟でした。木造の桟の場合はノコギリで施工します)以上で撤去が完了!
  5. ドア枠の設置
  6. 既存枠の内部に新しいドア枠を設置します。ドア枠の固定はビスでおこない、ビスの穴は樹脂製のホールキャップで塞ぎます。
  7. 止水シーリング
    水の浸入を防ぐため、既存枠と新設玄関枠の間にシーリングを行います。
  8. ドアの釣り込み
    まずは足元を清掃してから、枠にドアを釣り込み、開閉の確認をします。
  9. ドアクローザーの設置・ドアラッチ調整
    ドアの閉まるスピード・鍵のかかり具合等の調整を行います。
  10. 玄関ドアの釣り込み完成
  11. 内部化粧カバーの設置
    内部化粧カバーの設置によって、既存玄関枠と自然に調和させます。また、ドアチェーンやドアクローザーの跡なども内部化粧カバーで隠します。
  12. 外部化粧カバーの設置
    外部化粧カバーは、玄関ドアのシーリングを隠すと共に、玄関自体をより豪華に演出します。
  13. 養生の撤去・清掃
  14. 操作説明・最終確認・お引き渡し
    玄関のロックの方法、鍵のお手入れ、などの説明をさせていただきます。
  15. 完成、お引き渡し